公務員採用の看護師求人を大特集!!

公務員採用の看護師求人を探す前に知っておこう!

看護師の中には公務員として仕事をしている人もいるのをご存知でしょうか?日本各地にある病院の中には、公立病院があります。皆さんの自宅に近くに、県立病院や市立病院、国立病院があるという人も多いでしょう。こちらの病院に看護師として勤務をすると、その時点で事実上公務員扱いになります。

 

通常公務員となるためには、公務員試験といってなんかもくも受験して合格する必要があります。しかし看護師の場合、採用試験を受けるだけで構いません。しかも公立病院の採用試験はほかの病院の採用試験と比較して、特別ハードルが高いわけでもありません。

 

ちなみに県立病院や市立病院で勤務をすれば、地方公務員扱いになります。国立病院で勤務をした場合には、国家公務員扱いになります。2004年には国立病院は独立行政法人に変わっていますが、そこで働くスタッフの身分は国家公務員と同じ扱いになります。公務員となると、職が安定しますので長く仕事を続けられるというメリットもあります。

公務員の看護師なるための転職活動

公務員看護師になると地位が大変安定するので、長期にわたって安定した仕事ができます。このため公務員看護師への転職を検討する人も多いですが、どのようにして求人情報をチェックすればいいのでしょうか?普通に求人サイトでも募集は出ていますし、公立病院のホームページで採用情報が掲載されているのでチェックする方法があります。また自分の住んでいる地方自治体に直接電話して、情報収集する方法もあります。

 

しかし民間病院と比較すると、どうしても公立病院の数は少ないです。このため、なかなか求人情報が見つからないというケースも出てきます。その場合には、転職エージェントを活用してみることです。転職エージェントでは、公立病院の求人情報も多数取り扱っています。

 

また、公務員以外の仕事でも良い条件の職場は沢山あります。
例:デイサービスで働きたい看護師の募集情報NAVI

 

キャリアコンサルタントがどのような職場で仕事をしたいのか、ヒアリングしてくれます。このため、満足できる職場の見つかる可能性は高いです。無料で利用できるので、転職するときに活用してみるのはいかがでしょうか?